デジモンインフィニティーロゴ2016 デジモンインフィニティー 2012年11月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
キャラクター アテナモン
2012-11-26 Mon 18:39
アテナモン

アテナモン 立ち絵
キャラクターデザイン:皐月メイ
究極体・ワクチン種・女神型・勢力:VB
Aギガントマキアー
Bオラトリオ・メサイア
CライトガードΩ
S守護女神の神撃


■キャラクターデータ
「神」の力を操る女神型デジモン。右手に神槍「女神の槍/デア・エヴァンゲリオ」、左手に退魔盾(たいまじゅん)「アイギス」をもつ。
デジタルワールドのシステム界の中央部より北方にある「パルテノン」と呼ばれる巨大な神殿に住み、地上にある「ダークネスホール」と呼ばれる巨大な穴を塞ぐファイアーウォールを監視している。ダークネスホールから「死兵」と呼ばれる謎の電子生命体の侵入を防ぐことがアテナモンの主な目的で、多くの天使、騎士型デジモン達と共にその死兵たちと戦闘を繰り広げている。

女神の槍は黄金の槍とも呼ばれゴールドクロンデジゾイドとブラッククロンデジゾイドとの合金で作られ、高硬度かつ超重量の武器になっている。
アイギスは物理的な防御には向いていないが、放出系のエネルギーを反射する性質を持っている。

アテナモンの持つ「神」の力はデジタルワールドの神と謳われる「ホメオスタシス」の一部にアクセスする権限を持ち、相手の情報を読み取り、さらに持ちえるであろう様々な機能や能力、予想しえることができる。
この能力により、かの聖騎士「オメガモン」の持つ相手の動きを予測する力「オメガインフォース」に近い能力を得ることに成功している。

十二騎士の1体で「次元戦争」の際には後方で、敵の攻撃を予測し、相手の強力な攻撃から味方を守ったと言われている
デジタルワールド内でも4番目ととある世界のDWでしかその姿を確認できていないため、生態などの詳しいことはあまりわかっていない。

■十二騎士のⅣ
十二騎士のナンバリングがⅣのデジモンで、象徴する力は「神」で4番目の世界を監視する役割を持つ。
多くの天使型デジモンを従え、未来に起こるであろう出来事を予測し対処するすることができる。

■女神の槍とアイギス
高硬度で超重量の神槍「女神の槍」は情報の伝導率がよく、アテナモンの力を効率よく槍にのせることができる。
さらにギミックで槍の刃の部分が開き、殺傷面積を広めることもできる。
アイギスの表面は鏡のような面でできていて、エネルギー系統の攻撃を反射することができる。盾の面積は小さいが、ほとんどの放出系攻撃を反射することができるため相手によってはアテナモンになす統べもなくなることもある。

■インフィニティーでのアテナモン
-No Data-

■必殺技
女神の槍を天空に掲げ、巨大なエネルギー球を作り出し相手に叩きつける「ギガントマキアー」

神聖な神の調べを謳い、悪しき者の魂を浄化する「オラトリオ・メサイア」

槍を構え、超高速で相手に突撃し装甲ごと貫く「守護女神の進撃」

■カード
アテナモン カード女神の槍 カード アイテム 武器アイギス カード アイテム 盾

■キャラ製作話し
十二騎士の一体で、所々鎧の部分を変更して、武器を槍に変更、そして盾をもたせました。
他と比べるとデジモンらしいデザインになったんじゃないかなと自負させてもらってます。
見た目に反してかなりの怪力の持ち主で、これはギリシャ神話のアテーナーの「ギガントマキアー」との戦いからきた設定です。
あと、盾には「アイギス」という名前があったのですが、槍には名称がないらしく「黄金の槍」としか明記されていなかったみたいなので、ここでは「女神の槍/デア・エヴァンゲリオ」という名前にしてみました。ちなみに「デア」は「女神」で「エヴァンゲリオ」は「福音」という意味なので、デア・エヴァンゲリオでは「女神の槍」という意味にはなりません。
上に書いてある「死兵」ですがこれはデ・リーパーの更に進化したオリジナルの敵のことを指してます。
ダークネスホールは大きなデ・リーパーは通さないけど、小型のデリーパーは稀に抜けてくるので、アテナモンはその抜け出てきたデ・リーパーを撃退する。という設定です。

戻る
スポンサーサイト
別窓 | キャラクター紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| デジモンインフィニティー | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。