デジモンインフィニティーロゴ2016 デジモンインフィニティー デジルフ
FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
デジルフ
2014-04-01 Tue 13:21
デジルフの設定
■ミュート式デジルフ
ミュート式デジルフは1体の感情のあるデジルフを「親」とし、大量の「子デジルフ」を操作するタイプのデジルフ。
子デジルフには意思はなく、親との回線が切れると動かなくなる。ミュート式デジルフの数は1体のみで、第一次インフィニットコラプション開戦少し前まで、インフィニティーの管理を行っていた。

ミュートが精神に異常をきたし、「管理プログラム改竄」し「子デジルフ」を駆使し破壊活動をはじめ、インフィニティーを含むデジタルワールドが危機にさらされたため、ミュート式デジルフを破棄することが決定。新タイプ「コード式」と「X騎士団」の総力を持って、ミュートを討伐することに成功する。


■コード式デジルフ
個々のデジルフに感情を持たせ各々の判断での行動を可能にしたデジルフ。
さらにデジルフごとに階級を与え、さまざまな能力の使用に上官の許可を必要にし、必要以上に能力を発揮できないようになっている。
ミュートのように異常をきたし1体が反逆行動を起こした場合でも、他のデジルフ達で対処できるようになった。
もともと戦うために生まれたデジルフで、初期生産分は全て「戦闘用デジルフ」完全の形態である通称「イデア」と呼ばれる形態が本来の姿。
インフィニットコラプションが終結し、強大な能力を必要としなり、初期生産デジルフ達に「リミッター」をかけ、弱体化を行い、様々な分野に特化させ、インフィニティーを運営管理していくこととなる。
このリミッターは低階級デジルフは自らはずすことはできず、上官のデジルフの許可が必要となる。

■コード式デジルフリミッター
コードデジルフが持つリミッターは全部で二つで「セカンドリミッター」と「サードリミッター」と呼ばれる。
セカンドリミッターは完全形態の「イデア(C:DSⅢ)」を「ツヴァイト(C:DSⅡ)」にするリミッター
サードリミッターは「ツヴァイト形態(C:DSⅡ)を「ドリット(C:DSⅠ)」にするリミッター

■デジルフの種類と部隊
大まかに4つに分けられ、それから更に分割される
まず一番上の部隊に
・総本部
・情報処理部隊
・戦闘部隊
・医療部隊
が存在し、各部隊に部隊長が存在する。
各部隊の部隊長は
総本部司令官:ブルーネ(全デジルフ最高司令官)
情報処理部隊長:ララ
第一戦闘部隊長:ソル
第二戦闘部隊長:トルム
情報収集部隊長:エムエム
医療部隊長:プリエ
になっている。
各部隊長は自身の判断で「サードリミッター」をはずすことができ、さらに部下のデジルフの「リミッター解除」を与える権限を持っている。

■初期生産デジルフと後期生産デジルフ
初期生産デジルフを「Early Type」後期生産モデルを「Later Type」と呼称する。
さらにデジルフには様々な型式が存在し、その元のタイプを「Flagship Model」と呼び、大量生産されるタイプを「Production Model」と呼ぶ。
初期に生産されたブルーネ、ララ、ソル、トルム、エムエム、プリエは「Flagship Model-Early Type/FMET」と呼ばれ、インフィニットコラプション開戦時開発、生産されたデジルフを「Flagship Model-Later Type/FMPM」と呼び、終戦後の初期生産タイプを「Production Model-Early Type/PMET」後期生産タイプを「Production Model-Later Type/PMLT」と呼ぶ。
インフィニットコラプション終戦後生産された「PMET」と「PMLT」型のデジルフは「ドリット(C:DSⅠ)」形態しか持っておらず「イデア(C:DSⅢ)」や「ツヴァイト(C:DSⅡ)」形態になることはできない。
このタイプは
・ナビ
・シャル
・パティ
が該当する。
例外で、ドリットしか持たないデジルフにイデア、ツヴァイト形態を追加することもある。その場合型番の最後に「iS」を追加する

■DS型開発計画
技術的に一つの分野に特化したデジルフしか生産できず、イデアの形態でも向き不向きが存在していた。
その特化した能力を2つにするデジルフを作成する「デュアルスキルデジルフ」と呼ばれる計画が進んでいたが、開発が思うように進まなかったのと、技術の躍進で複数の機能に特化したデジルフが誕生することに危機感を感じた上層部が開発中止を決定。計画は凍結されることとなった。この凍結までに5体のDS型デジルフが試験的に作られ、うち1体が機能を停止、現在は4体になっている

■デジルフテイマー化計画
デジルフに人工デジヴァイスを与えテイマーにしてしまうという計画。
しかし、デジヴァイスが上手く作動せず、さらに「人間に近いデータ配列を持ったボディ」にデジルフコアが上手くなじまなかったため、早々に計画は中止、凍結された。
しかし第二次インフィニットコラプションでボディの70%を失ったデジルフを助けるため、一時的にデジルフコアをこのボディに移し変えていたところ、コアがボディと完全に同期し起動を成功させてしまった。さらに、デジヴァイスも反応したため、計画を再び進めていくことになる。
現在2人のデジルフテイマーの作成が完了している。

■ACプログラム
インフィニティーでの違法改造デジモンが増え、デジルフの犠牲が多くなってきたため「リミッター解除」を行わずとも、コアを活性化させ能力をブーストできる「アクティブプログラム」が開発された。
各デジルフに様々な武器が支給され、デジルフにより武装が異なっている。これは各々のデジルフが自分の好きな武器を選択できたため、同じ型のデジルフでも武装が異なる場合がある。
ACプログラムは全てのデジルフに支給されているわけではなく、希望のあったデジルフにのみ実装されている。基本的にほとんどのデジルフに実装されているが、事務業務に従事しているデジルフなどは取得していないものも多くいる。
ACプログラムを取得すると、僅かながら処理動作(日常生活にはまったく支障をきたさないが、事務業務に従事しているデジルフの場合作業効率が僅かだが下がってしまう)が下がり、さらに燃費(食費)が悪くなるためである。
スポンサーサイト
別窓 | 設定 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<キャラクター メビウスグレイモン | デジモンインフィニティー | おんなのこまつり>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-04-01 Tue 20:01 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| デジモンインフィニティー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。