デジモンインフィニティーロゴ2016 デジモンインフィニティー ネクストオーダー
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ネクストオーダー
2016-04-01 Fri 14:12
ネクストオーダー 001

先日発売したデジモンワールドネクストオーダーについてのお話
長くなるので、記事を折りたたんでいます。先を読む方はしたの「続きを読む」からお願いします


ネクストオーダー 002

3月17日に発売したデジモンワールドシリーズの最新作。デジモンのゲームをかうためにvitaを買っていたので、ネクストオーダーももちろん買いました。
主人公の性別は男と女から選べるので、もちろん…女の子を選びました!!!!

ネクストオーダー テイマー
主人公のテイマーちゃん。名前は「メイ」

プロローグでテイマーちゃんが初代のギアのことを「デジヴァイス」と呼んでましたがこれも時代だからですかね。
あと初代で実装されてない究極体が表示されていたのも突っ込みどころですかね?も、もしかしたらデジモンミニかもしれない…なんて野暮な突っ込みは置いておいてそういうものがある世界なんでしょうね。若干羨ましい。

ゲームの内容に戻りまして…
今回はフローティアという街を主軸に様々な土地へと赴き、問題を解決したり仲間を増やしたりします。
街の全体図はこんな感じ
ネクストオーダー003

あと今作は2体同時育成のシステムになっていて、最初っから結構な数の幼年期からデジモンを選べたので…グミチョコを選んでロッテリアのコンビにしました。名前はサイバースルゥースの時と同じでハイド&シーク
ネクストオーダー 003

ロッテリアをつれていざフィールドへ。
にしてもさすがVita、映像がすごくきれいでした。そしてフィールドにたたずむロッテリア。テイマーちゃんが移動すると、すごい勢いで走り回ります。
ネクストオーダー 004

その後しばらく為政しながら進めるとトゥルイエモンとガルゴモンになりました。
…ここでスクリーンショットを撮りわすれてしまいました。でもサイバースルゥースのときのようにロップモンの進化先が「ガルゴモン」でテリア進化のガルゴモンとかぶる…ということがなくなってよかったです。スルゥースの時はウェンディモンどころかトゥルイエさえいなかったですからね…

そして完全体はもちろん…
ネクストオーダー 005

無事にアンティラモンとラピッドモンになりました。やっぱりかっこいいですねぇ。
そして、いい具合に戦闘経験ポイントをくれるグラウモンさん(データ種)がいたのでサンドバックになってもらって能力を上げてました。すると…
ネクストオーダー 006

1世代目から究極体に進化させることができました。(ちなみに画像は進化させて結構立ってからのスクショ)
まさか1世代目から進化させることができるとはさすがに思ってなかったので、進化したときは驚きました。

究極体になってからは戦闘がかなり楽になったので、シナリオを進めつつ寄り道したりしていろんなところに行きました。
すると…
ネクストオーダー 007

ムゲンドラモン!実はゲームの最初でチュートリアルで戦うことになるのですが、このムゲンドラモンはそれ以外で初めて出てきたムゲンドラモンになります。
ネクストオーダー 008

勇ましく前に出るコウタとユキムラ(グラウモン)。だけどあっけなくやられてしまいます。

ネクストオーダー 009

ルーシュたん!!!!!!!!!!!!!!

ネクストオーダー010

その後ムゲンドラモン戦。余裕で勝利でした。

そしてそのままシナリオを進めて、1世代目のケルビモンとセントガルゴモンで全クリできてしまいました…。
シナリオ自体はかなり短かったです。その後のクリア後のボスも1世代目のうちに倒せてしまいました。



一応全クリしましたが、未だにいってないフィールドもあるし、街もまだまだ発展途上です。やりこみ要素があるのはいいんですが、一番の目標であるボスを倒してしまったため、いまいちモチベーションにかけてしまう…かもしれません。



前のワールドの「デコード」で「シナリオが長い」とか「寿命が面倒」といわれていたので今回のような短さ&寿命関係の改善だったのでしょうが、これだと逆に短すぎかなと思いました。



初代デジワーの優れた点は「シナリオがあってないようなもの」だと思っています。デジモンを育てても死んでしまう…という本来短所でしかないこのシステムも、このあってないようなシナリオだったから大したストレスもなくできたのだと思います。

デジワーのシナリオは…「ムゲンドラモンが暴れて待ちの住人がいなくなったから集めてくれ。そして最終目的はムゲンドラモンを倒す」だけです。
あとはプレイヤーが好きな場所を回りいろんなところを探検、探索、お使いのようなシナリオに振り回されることなく自由に進むことができる。この寿命というシステムを違和感なく取り入れることができたのは、このシナリオがあってこそだったのだと思います。
今回はそれを取り入れようとしたのでしょうが、やっぱり事細かに入るシナリオが…このゲームシステム上若干煩わしく感じられました。


まとめとして…
シナリオは短かったですが、ゲーム的にはすごく面白かったです。
今までのは「防御指令」をだして、防御し終えたら反撃を繰り返すだけでしたが、今回は「OP(オーダーポイント)」を溜めて任意の技を発動させたり必殺技を出したり…とただみているだけでなくなった点がすごくよかったです。
PSP、3DSのリデジは「デジモンが好きな人には薦めることがきる」という作品でしたが、今回のネクストオーダーは「デジモンを知らない人にも薦められる」作品になっているというのが個人的な意見です。

ここ最近のデジモンのゲームは段々とクオリティがあがってきているので、これからの展開もすごい楽しみです。


以下ネクオダのいろんなスクショ

ネクストオーダー 011
ネクストオーダー 012
テイマーちゃんはいてない疑惑

ネクストオーダー013
巨大なプラチナスカモン(めっちゃ強かった)

ネクストオーダー 014
×アームガトリング
○ガトリングアーム

ルーシュ語
ネクストオーダー 015
ネクストオーダー 016
ネクストオーダー 017
ネクストオーダー 018

あと、発売日に描いたルーシュたん
ネクストオーダー ルーシュ らくがき

今回はこれまで、また次回よろしくお願いします。
ネクストオーダー 019
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<キャラクター ケルビモン | デジモンインフィニティー | キャラクター ADR-06 ホーンストライカー>>
この記事のコメント
自分的にはストーリー短い
デジモンの寿命が長くて回せないのがめんどいかなぁ
2016-04-25 Mon 04:05 | URL | #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| デジモンインフィニティー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。